本文へ移動

交通政策

交通の利便性向上策を研究しています

相鉄労働組合では、「便利で使いやすい公共交通」「地球環境に優しい公共交通」を実現するための研究をすすめています。
バリアフリー、乗り換え施設、案内・情報表示、運賃制度、運行本数、所要時間(路面交通における渋滞問題)、代替燃料などテーマは多岐にわたり、必要に応じて専門的分野で活躍される方々のご意見もうかがっています。
また、公募により組合員が費用の一部を自己負担して交通先進都市を訪問し、行政や企業、市民の取り組みについて学習しています。
TOPへ戻る